キッチン リノベーション

キッチンのリノベーションを考えているのならば、しっておきたいことがありますよね。それは、使いやすいキッチンの寸法についてです。キッチンの寸法で更に気を付けたほうが良し点として、「キッチンの高さ」と「通路幅」があります。最近のシステムキッチンは高さも選ぶことが出来るので、自分に当てはまるキッチンを選ぶようにしましょう。ご自身の身長がすごく高かったり、低かったりすると一般的な高さのキッチン台では高さが合わないでしょう。キッチンの高さと通路幅のそれぞれの目安としては以下のようになります。キッチンの高さ=「(最も調理する人の) 身長÷2+5 cm(※160cmの場合は160÷2+5=85cmが目安)」...
キッチンをリフォームする際に最も気になることの一つが、「どんなに増えるの?」ということではないでしょうか?リフォームは個別性が厳しいので厳密な金額は出せませんが、ここでは費用の目安やいかなるリフォームが高くなるのかについてご説明いたします。キッチンリフォームの費用の目安は・・・キッチンリフォームの費用は「キッチンの形状」と「キッチンのグレード」によってものすごくは変わってきます。キッチンの形状は台所のスペースや生活スタイルによって選び、グレードに関しては、どこまで予算を掛けるかで判断するとよいでしょう。具体的なキッチンの選び方は次章以降でご説明しますが、ここではキッチンリフォームの平均的な費用...
キッチンリノベーションの失敗例は沢山ありますが、その中の一つにコンセントの位置を考えなかったということがあります。炊飯器がコンセントに届かなくなってしまったなんていう失敗例も沢山あります。最近は電子レンジに食器洗い機、電気湯沸かし器など、以前と比べても電気を使うことは多くなっています。棚やごみ箱の配置も考慮したリフォーム後のレイアウトを作成し、電源の位置を確認するようにしてください。そうして今後も電化製品が増えていく可能性があるので増設するなどしてまだまだ余裕を持った電力を確保できるようにしておくとよいでしょう。先週キッチンのリフォームを終えたのですが、一つ困ったことが生じました。リフォームを...
キッチンをリノベーションするときに、シンクやガスコンロ、換気扇や食器棚、冷蔵庫の置き場所など大きなものはお先にこれをここにおいて、と考えるでしょうが忘れているのがゴミ箱です。確かにゴミ箱って置き場所に困りますよね。盛り上がるゴミだけだったらゴミ箱一つですむのですが、プラやカン、ビンやペットボトルなど、ゴミの種類の様々ですので、それぞれを置くゴミ箱やゴミ置き場が必要になるでしょう。ゴミ箱の置き場所を完全に忘れていた方の声です・・・リフォームところ図面を確認したつもりだったのですが、ごみ箱のスペースだけ確保するのを忘れてしまいました。生ごみはシンクに小さ目のごみ袋を置いて、そこからごみ箱にうつして...
キッチンリノベーションのポイントは沢山あります。キッチンをリフォームする際には、床、壁紙、収納などもあわせて入れ替える必要が出てくることもあります。殊更違う型のキッチンを入れたり、キッチンの位置を変更する場合は考慮した方が良いでしょう。共働き世帯を中心に普及してきている食洗器ですが、所持しているでも利用していないという方もいらっしゃいます。洗う食器類が少ない場合は確かに手洗いの方が速い場合もあります。食洗機を使うポイントとしては、同じ形のお皿が沢山あるときや、食事が一度に片付いてごっそり洗い流しものができるときでしょうか。筆者の家も料理台のスペースが元々狭いということで、15万円ほどする食洗機...
キッチンをリノベーションしたい!とお考えの主婦の方はほぼ多いでしょう。但し、リノベーションというと何だか高額なお金がかかってしまうよね。多少なりとも安くリノベーションできたらいいなと恐らく誰もが思うでしょう。とりわけ、キッチンもリビングも寝室もどこでもそうですが、小さい家ならば狭いなりにしっかりと空間も取り扱うことが大事だと筆者は考えます。何となく下にものを捨て置くので、その家具やものが大きいものだったら空間をかしこく利用していることになるのですが、あまりにも安いものだったりすると、床の面積だけ余分に使ってそのものの上の部分の空間がすごーくもったいないな・・と感じることってありませんか!?筆者...
主婦の仕事場である、キッチン。そのキッチンはともかく毎日扱うものであるし、使いやすいキッチンがいいですよね。家を組み立てるときに充分計画的に設計してもらったつもりなのに、何となくしっくりこない・・なんてのは当たり前のことかと思います。一番拘りたいところは、取り敢えずキッチンの高さではないでしょうか。背の大きい女性であれば、めったに悪いキっチンですと料理がしにくいし、背の少ない女性であれば断じて高ければ、料理がしにくくなりますよね。どうしてもキッチン台は、主婦の背丈に合わせた高さが望ましいですよね。とはよろしいつつも、キッチン台だけが自分に当てはまる高さであれば相応しいというわけではなく、ここに...