犬にヒーターは必要か?

犬にヒーターは必要か?

犬にヒーターは必要か?

 

ヒーターには、温風が出る「ファンヒーター」や、熱を発する「パネルヒーター」、オイルを暖めて放熱する「オイルヒーター」、放射熱を発生させる「ハロゲンヒーター」などがありますが、ペットの犬にもこれらは必要なのでしょうか?

 

犬は、体中が毛で覆われていますが、冬の時期は寒さを感じるので、暖房器具の前に座る光景を見たことがあると思います。では、「犬にとってヒーターは必要か?」と言われれば、「あったら良いけど、なくても望ましい」という答えになるでしょう。必要ではないかもしれませんが、あったら犬にとっても気持ちいいものということです。

 

暖かくて気持ち良いので、ヒーターをつけていると、ヒーターの近くで動かずにゆくゆく寝て仕舞う、というワンちゃんも多いでしょう。それでも、あまりにくらいて、ワンちゃんの体に良くないのでは、と心配になりますよね。

 

犬は、自分で体調管理をすることが出来るので、暑いと感じたらヒーターから離れますし、喉が渇けば自分で水を飲みに行きます。また、眠ってしまったから気づかないのでは、と心配する必要もなく、犬は眠りが浅いので、脱水状態になったり体温がのぼり過ぎたりすることはないのです。

 

でも、ワンちゃんの体がいとも熱くなって心配、という飼い主さんは、ストーブガードなどのストーブに近づけないようにする柵を用意すると良いでしょう。また、ヒーターを使いたいのなら、低温でやけどなどの心配も低い、犬用のヒーターも販売されているのでお勧めです。

 

ヒーターにはさまざまな種類がありますが、ワンちゃんの体が熱くなっていると、やけどの心配のほかにも、皮膚が乾燥して仕舞う恐れもあります。乾燥がひどくなると、体がかゆくなったりフケが多くなったり、脱毛になったりする可能性もあります。別に、肌の弱いワンちゃんは気を付けましょう。

 

また、ヒーターの多くの種類にはコードが付いていますが、そのコードを噛んで感電したり、コードに付属している金属やゴムなどを飲み込んでしまったりすることもあります。犬用のヒーターは、そんな危険性も考慮して作られているので、前もって犬用のヒーターの方が安心です。

 

 

犬や猫におすすめのヒーター

犬にヒーターは必要か?

 

ペット用のヒーターを買ってあげようと思っても、さまざまな種類があって、どれを選べば良いのかわからないかもしれません。また、ペットによってもヒーターの種類がなるので、動ものの性質についても知っていないといけません。ここでは、犬と猫に合ったヒーターについて紹介します。

 

犬が快適だという温度は、20℃前後で湿度は40%〜60%だと言われています。ペットのワンちゃんが生活している温度を分かるために、ワンちゃんの高さに温度計を置いて、すき間風などで寒くないか確認しましょう。

 

寒さに弱い犬は、小型犬や子犬、高齢犬、病気を通していたり病気によって毛がなくなっていたりする犬です。また、原産国が優しい国の犬種や、チワワなどの耳が広く放熱しやすい犬も寒さに弱いです。

 

猫の場合、寒い冬をよく得意としていませんが、適温は幅広く、温度が18℃〜26℃で湿度は30%〜70%と言われています。1日の生活の中で10℃以上温度差ができると、体調をくずし易くなるので、寝床の場所は、外気に触れ易い窓際や壁際などは避けましょう。また、部屋の暖房を下回るといきなり温度が下がるので、寝床用のヒーターを置いて上げることをお進めします。

 

ワンちゃんや猫ちゃんにお進めのヒーターは、貝沼産業の「ユカペットEX」です。このペット専用ヒーターは、高性能の温度コントローラーを使用しているので、長時間けれども安心して使用することができます。また、ペットがおしっこをしたり汚したりしても、丸洗いすることができます。さどんどん、コードを噛んでしまっても、簡単に交換できるコードになっています。さらに、厚さ10mmと超薄型タイプそれで、床との段差もたまたま子犬にも取り扱うことができる際立つ商品です。

 

 

鳥や小動もの用のヒーター

犬にヒーターは必要か?

 

ペットを養うには、その種類によって特徴などを知っていないといけません。断然、寒い冬の時期の飼育には気を付ける必要があります。ここでは鳥や小動ものの寒さ対策について取り上げます。

 

ハムスターは適温が22℃前後と言われ、気温が4℃以下になると冬眠状態になるので、全く動かなくなります。そのため、部屋を温かくして養うか、小動もの専用のヒーターを用意して養う必要があります。

 

小鳥は寒さにないので、鳥かごを置く場所に注意が必要です。鳥カゴの設置に適している場所は、昼夜の温度差が無く、隙間風も入らない場所です。人がいる時だけ暖房を付けて温かくする部屋も避けましょう。終始適度な温度に保つことが大切なので、小鳥には電球タイプのヒーターがお進めです。

 

鳥や小動ものの冬の飼育には、専用のヒーターがあると良いのですが、初めて飼育する飼い主さんだと、どのヒーターが最適なのか迷うというので、ヒーターの種類とその特徴について紹介します。

 

鳥や小動ものに良いヒーターは、「パネルタイプ」「保温電球タイプ」「赤外線ヒーター」と大きく分けて3種類あるので、ペットの人生に適したタイプを選ぶことが大切です。

 

ハムスター、モルモット、ウサギ、フェレットなど、床で暮す小動ものにはパネルヒーターです。暖かい暖かさでお腹から暖め、高温面と低温面の使い分けが出来るリバーシブルのものが多いです。また、ペットの性格によってパネルヒーターがアッという間に汚れてしまったり、ケージが小さくてパネルヒーターが置けなかったりする場合は、ケージの外に設置出来る薄型のパネルヒーターもあります。

 

リスやモモンガなど、冷え込む夜間に飛び跳ねて活動する夜行性の動ものには、ケージにぶら下げた状態で備え付ける保温電球が良いです。空気全体をあたためることができ、室温より4℃〜15℃激しくすることができます。

 

セキセイインコや文鳥、オカメインコなどのデリケートなヒナ鳥には、遠赤外線ヒーターがお進めです。プラスチック製のケースや水槽にも取り付けることができますし、木製の飼育ケースがそろっているものもあります。また、ペット用の遠赤外線ヒーターには大型のものあるので、大きなオウムやインコ、犬や猫、ウサギなどさまざまな種類に使用することができます。

関連ページ

ヒーターの種類と特徴
「遠赤外線ヒーター」について、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
「オイルヒーター」と「パネルヒーター」
「石油ファンヒーター」の電気代、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
「ハロゲンヒーター」の電気代
「ファンヒーター」の選び方、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
「遠赤外線ヒーター」の選び方
ヒーターの製造会社について、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。