「遠赤外線ヒーター」の選び方

「遠赤外線ヒーター」の選び方

「遠赤外線ヒーター」の選び方

 

暖房器具にはさまざまな種類がありますが、その中で、多くの家庭で使用されている「遠赤外線ヒーター」の選び方を紹介します。

 

遠赤外線ヒーターは、「オイルヒーター」のようにゆっくり空気を暖めたり、「ファンヒーター」のように風を暖めて温風を差し出したりするのではなく、遠赤外線を発生させて私たちの体をあたためるので、速暖性が高くなります。また、「光」を熱源としてあたためるので、空気を汚さなかったり、ハウスダストの心配も軽減したりすることが特徴です。

 

但し、大きいサイズのものそれでも、ヒーターのすぐ前の1.5畳程度しか暖かさを感じないことが難点です。ただ、トイレや脱衣所、トイレなど、狭い空間を直ちに暖めて得る効果には優れているので、使い方によっては全然役立ちます。また、少し考え方を変えると、光を使用することから、子ども部屋に置いて、足下を暖めて頭の方は冷えた状態にすることで、眠気が覚めて勉強に集中できる効果もあるかもしれません。受験生におすすめです。

 

「遠赤外線ヒーター」と言っても、最近ではさまざまな種類のものが販売されているので、どこに置きたいか、誰が使うか、どういう目的か、などをよく考えてから購入しましょう。

 

例えば、省スペース型のものは、コンパクトなだけにパワーが弱いですが、取っ手が付いているものが多く、キッチンや必要な場所に簡単に持ち運ぶことができます。購入するときのポイントとしては、首振り機能が付いていたり、電源ケーブルが長めであったりするものが良いです。

 

何段階かの温度設定が出来るものや、室温によって運転する室温センサーが搭載されているものもあるので、省エネを重視したい人はそういった機能が付いた種類を選ぶと良いでしょう。

 

 

「オイルヒーター」や「パネルヒーター」の選び方

「遠赤外線ヒーター」の選び方

 

「オイルヒーター」や「パネルヒーター」は、均一で快適な暖かさということで、実に人気のあるヒーターの種類です。まずは、購入するたまに確認してほしい、無事や便利機能などについて紹介します。

 

オイルヒーターは、電気でオイルを暖めてそれを循環させて放熱するので、温かくなるのに時間がかかりますが、穏やかな暖かさで部屋全体を温める効果があります。一方、パネルヒーターは、立ち上がりが手早く直ちに温かくなります。また、電気ヒーターがパネルで覆われているので、無事も高いです。

 

このように、オイルヒーターとパネルヒーターは、仕組みや特徴が異なりますが、とも風が出ないタイプの暖房器具ということは同じです。出来るだけヒーターの場所をとりたくない場合は、コンパクトに設置出来るオイルヒーターや、薄型のパネルヒーターを選ぶと良いでしょう。

 

選び方のポイントとしては、消費電力と適応畳数を確認することです。とりあえず、日本の家庭用のコンセントは、最大で1500Wです。そうして、消費電力は最大それでも1500Wということで、部屋の大きさで映し出すと10畳が限界となります。そのため、1台では10畳著しい部屋を十分にあたためることは苦しいことを覚えておきましょう。

 

消費電力と適応畳数は、1500Wで10畳まで、1200Wで8畳までが目安ですが、1500Wも8畳までの製品もあります。このように変わるのは、省エネの性能によるので、消費電力と暖められる部屋の広さをよく確認して、おんなじ消費電力なら出来るだけ適応畳数の幅広いものを選ぶと良いでしょう。

 

基本的に、長時間取り扱う目的で購入を考えると思いますが、それ程電気代も高くなります。省エネ性能の際立つモデルだと本体価格は高くなりますが、電気代は安くなるので、長い目でみればお得になるのでよく考えましょう。

 

オイルヒーターは電源を入れてすぐには暖まりませんが、スイッチを消してからも余熱で暖かさが居残るので、タイマー機能が付いているものがお奨めです。タイマー付きのものそれでも、設定の種類は何だかんだあるので、自分の生活に当てはまるものを選びましょう。中には、時間ごとに温度設定が出来るものもあり、いつも自分のタイムテーブルが決まっている人は、そういうものを探してみると効率良く使えると思います。

 

 

ヒーターの製造会社について

「遠赤外線ヒーター」の選び方

 

最近では、エアコンをメインの暖房器具としている家庭が多く、それを補助するアイテムとして、電気ヒーターを取り入れているようです。電気ヒーターには、オイルヒーターやファンヒーター、電気ストーブなど、さまざまな種類があって、そのそれぞれに特徴があり、使用する用途や場所によって選ぶことができるようになっています。

 

暖房器具を扱っているメーカーは、大手の製造会社だけではなく、海外ブランドなど多くの製造会社が参入しています。中には、暖房器具を特に多く扱う製造会社や新興製造会社などからも、多くの製品が発売されています。まずは、暖房器具をまかなう製造会社の特徴について紹介します。

 

「シャープ」のヒーターは、円筒の加湿タンクが付いたデザインが特徴です。ファンヒーターは乾燥しやすいという難点がありますが、加湿機能を作ることでそれをカバーし、ロングセラー商品となっています。

 

「パナソニック」のヒーターは、ファンヒーターとパネルヒーターを扱ってあり、ナノイー搭載の加湿機能が付いたものや、人感センサーが搭載されたコンパクトなヒーターもあります。

 

「ダイキン」のヒーターは、人の体に吸収されやすい「セラムヒート」という名前で展開しています。ヒーターの部分が、縦向きと横向きに変えることができるのが特徴です。

 

海外製造会社で有名なのは、イタリアの「デロンギ」やイギリスの「ディンプレックス」などです。デロンギのオイルヒーターは、自然対流を効果的に探すことができる、新しく開発されたX字型のフィンが搭載されています。

 

また、「dyson」や「BULMUDA」などは、これまでに弱い高性能な真新しい機構を実現しています。また、デザイン性にも優れてあり、価格は高いですが、おしゃれな外見でさんざっぱら注目されています。

 

小型の暖房器具を長年支えているのは、「トヨトミ」「山善」「コイズミ」「森田電工」などです。 種類が豊富なので、目的に合わせた商品を選びやすいです。また、大手の製造会社について価格が安いので、手軽に購入することができます。

関連ページ

ヒーターの種類と特徴
「遠赤外線ヒーター」について、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
「オイルヒーター」と「パネルヒーター」
「石油ファンヒーター」の電気代、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
「ハロゲンヒーター」の電気代
「ファンヒーター」の選び方、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。