ヒーターの種類と特徴

ヒーターの種類と特徴

ヒーターの種類と特徴

 

秋に入るとゆっくり肌寒くなってきてり、ヒーターが欲しくなって来るよね?「ヒーター」となんだか使っていると思いますが、ヒーターと呼ばれるものにはさまざまな種類があります。また、「ストーブ」とは何が違うのでしょうか?

 

英語の辞書で調べると、「heater(ヒーター)」は、発熱器や電熱器、暖房装置と訳されています。一方、「stove(ストーブ)」は、暖房用のストーブや料理用のコンロ、レンジと訳されています。つまり、ストーブは燃料を減らすことで温める暖房機器で、ヒーターは熱源が表面に出ておらず電気であたためる暖房機器ということになります。

 

燃焼による空気の汚れや、炎による火災などの心配が早く、ちっちゃなキッズやお年寄りのいるご家庭も安心して使用することができます。また、換気をこまめにできない場所にもおすすめです。但し、ヒーターは、エアコンよりも消費電力が厳しいのに、暖房能力が低ので、電気代が高くなって仕舞うデメリットもあります。ただ、エアコンとヒーターを用途によって使い分けることで、うまく快適に寒い冬を暮すこともできます。まずは、ヒーターの種類について細かく紹介します。

 

ヒーターは「ファンヒーター」と「遠赤外線ヒーター」、そして「オイルヒーター・パネルヒーター」の3つに広く分けられます。この3つの中けれども、数種類に分けられます。ファンヒーターには、セラミックファンヒーター、石油ファンヒーター、ガスファンヒーターがあり、遠赤外線ヒーターには、ハロゲンヒーター、カーボンヒーター、二クロム線電気ストーブ、シーズヒーターがあります。

 

この3つの違いは、部屋の暖め方の違いに分けられます。それぞれで、暖まる早さやあたためる範囲、消費電力などに違いがあるのです。

 

 

「ファンヒーター」について

ヒーターの種類と特徴

 

ヒーターにはさまざまな種類がありますが、ここでは「ファンヒーター」について紹介します。

 

ファンヒーターは、温風を送ることで部屋を暖めます。温風を送るということから、エアコンと同じようなイメージをするかもしれません。それでも、持ち運びができたり、エアコンよりも本体価格が安かったりする点から、エアコンよりも手軽に取り扱うことができます。

 

ただし、デメリットもあり、ファンヒーターの種類によっては、灯油やガスを用意しないと取り扱うことができず、その準備が面倒であったり、電気で働くものはパワーが弱かったり、空気が乾燥しやすかったりすることが難点です。では、ファンヒーターについて種類別で細かく特徴を比較します。

 

電気ではたらくファンヒーターは「セラミックファンヒーター」と言い、石油やガス管の準備が不要で、コンセントさえあれば使えるのでとても便利です。ただ、パワーは情けないので、小さめの部屋でしか使えません。けれども、導入が結構簡単なので、人気はとても高いです。

 

「石油ファンヒーター」は、石油と電気で切り回すファンヒーターです。こちらのメリットは、パワーが強いのにコストも少ないことです。ただし、石油を準備するのが大変であったり、暖まるまで時間がかかったりすることがデメリットです。また、空気が汚れ易いので、こまめに換気をする必要もあります。

 

「ガスファンヒーター」は、ガスと電気で取り回すファンヒーターです。このファンヒーターは、都市ガス契約の場合、コストが意外と安くなりますし、暖まるまでの時間もかかりません。但し、ガス管の設置や管理が必要なことが大変です。

 

 

「遠赤外線ヒーター」について

ヒーターの種類と特徴

 

ファンヒーターの種類のグループ、「遠赤外線ヒーター」の特徴などについて説明します。

 

遠赤外線ヒーターは、発熱体によるヒーターで、電源を入れると赤く熱せられます。「電気ストーブ」と呼ばれるものもこの種類のヒーターで、部屋全体を温めるためではなく、ピンポイントで温めるのが特徴です。赤外線ヒーターは本体価格が安くて、すぐに暖まることがメリットです。デメリットは、ピンポイントでしかあたためることができないことと、熱せられた部分を触って火傷する恐れがあることです。

 

遠赤外線ヒーターは、暖かさを生み出す「発熱体」の違いで種類が分かれ、“熱効率性”や“遠赤外線の放出量”も違ってきます。では、その種類について紹介します。

 

「二クロム線電気ストーブ」は、二クロム線コイルを石英ガラスの間に入れたものが発熱体で、一番シンプルな遠赤外線ヒーターです。シンプルな作りなので本体価格が安っぽいことがメリットです。けれども、そんなに遠赤外線の放出量が少ないので、パワーも情けないことがデメリットです。

 

「ハロゲンヒーター」は、“ハロゲンランプ”を発熱体に使用した電気ヒーターです。「近赤外線」を手広く放出するので、人体に吸収されづらく暖かさももらい辛いです。上位機種が「カーボンヒーター」で、こちらは体の芯まであたためる効果があるということから、最近では、カーボンヒーターを選ぶ人が多くなり、ハロゲンヒーターの出荷台数がやがて少なくなっています。

 

「カーボンヒーター」は、“炭素化合もの”を発熱体に用いた電気ヒーターで、ハロゲンヒーターの2倍の遠赤外線放出量があります。また、カーボンヒーターの上位機種には、“黒鉛”を発熱体に用いた「グラファイトヒーター」もあります。

 

電気ストーブの中で、最も赤外線の放出量が多いのが、「シーズヒーター」です。こちらは、二クロム線を絶縁体で包んで金属製のパイプに入れたものが発熱体です。あたためるパワーは大きいですが、暖まるまでに約5分と、時間がなることがデメリットです。