暖房器具の見直しについて

暖房器具の見直しについて

暖房器具の見直しについて

 

賃貸マンションに一人暮らしをするとき、大抵はエアコンが今や部屋についている場合が多いです。
そうなると、暖房器具を再び買わなくてもエアコンがあるのでなので十分と考える人も多いです。
但し自分で買ったものとは違って、設置してあるものは、型古だったり、安くて機能が劣っていたりする場合があります。
そのため電気代が大層高くなって仕舞うこともあります。
一人暮らしの場合、仕事で一日の大半は外出していて、部屋に人がいる時間はかなり少ないのに、電気代が古臭いエアコンのために高くなって仕舞うということもでてしまう。
一人暮らしなのに、電気代が高額だという場合は、暖房器具の見直しをお進めします。
あるいはヒーターなど他の暖房器具と併用するのもお進めです。

 

部屋全体を温めることができる暖房器具は、エアコン、ファンヒーターなどです。
これらは主暖房に使われます。
ワンルームで一人暮らしならば、これらどちらかが一門あれば十分だと思います。
ただし地域、部屋の広さ、造りなどから、スポット暖房を併用した方が良い場合もあります。
スポット暖房としては、電気ストーブ、こたつなどの体を温めるもの。
これらはあたっているところは優しいけれど部屋全体をあたためることはできないので、主暖房と併用するか、寝る前だけの短時間に取り扱うなど副次的に使われます。
あるいは、キッチンだけが分かれていて暖房が行き届かず寒いとか、脱衣所が寒いといった場合、一時的に取り扱うことをお進めします。
これには、パネルヒーター、セラミックヒーター、ハロゲンヒーター、カーボンヒーターなどの電気ストーブがお進めです。

 

 

カーボンヒーター

暖房器具の見直しについて

 

電気ストーブの一種「カーボンヒーター」。
今年はカーボンヒーターがお薦めです。
他の電気ストーブに比べて発熱量が多くて、部屋をすぐにあたためることができます。
一人暮らしの場合、外出して帰ってきても誰もいないため、部屋を事前に暖めておいてできることがありません。
ですから帰ってきてすぐに部屋をあたためることができる電気ストーブをお薦めするのです。

 

カーボンヒーターは、熱を発する部分に炭素繊維としています。
遠赤外線で効率的に部屋をあたためることができます。
体の芯まで熱が行きつくので、ポカポカと暖まることができます。
また石油ファンヒーターなどと違って換気する必要もなく、空気に優しいです。

 

カーボンヒーター自体、元々単独用なので、一人暮らしに最適な暖房器具だといえます。
取り扱う場所により必要となる出力も移り変わるため、選ぶ機種がなると思います。
たとえば酷い部屋、脱衣所、トイレなどの場合には300W。
リビングなどまだまだ広めの部屋では、900W〜1000Wくらいがお薦めです。

 

縦置き横置きも重要なポイントです。
細長い場所に据え置く場合、場所を取らないようにどちらのタイプがいいのか見極めて選ぶ必要があります。

 

ワット数を調整できるタイプもあります。
電気代を節約したい人は調整できるものを選ぶと、最初は手強いワット数で用い、ある程度暖まったら弱めて使うと電気代が抑えられていいと思います。
電気ストーブは、意外に電気をたくさん使います。
そのため一人暮らしの家だと断じて電力がきつくないので、ブレーカーが落ちる可能性も高いです。
こういう面から考えてもワット数は調整できた方が便利だと思います。

 

 

オススメのカーボンヒーター

暖房器具の見直しについて

 

使用時間に対して電気代が安っぽい製品を作っている「テクノス」。
一人暮らしで電気代を安く抑えたい人にオススメの製造会社です。
テクノスから発売されているおすすめ商品は、「遠赤外線カーボンヒーター CH-305M」です。
スリムタイプだから、一人暮らしの窮屈部屋にも場所を取り去ること無く置けるオススメのカーボンヒーターです。
価格も3,400円と手ころそれで、買い求め易く人気となっています。
省エネ設計で、電気代が1時間約8円。
1灯300W、スイッチを入れて瞬時に暖まる速暖タイプです。

 

コストパフォーマンスの高さが魅力の製造会社「山善」。
シンプルなわかりやすさ、手早い立ち上がりが独特で人気商品となっています。
山善から発売されているおすすめ商品は、「遠赤外線カーボンヒーター DCT-J063」です。
取っ手が付いていて持ち運びがしやすく、コードがきれいに仕上がる収納しやすい商品です。
ロータリー式のスイッチなのでわかりやすさもとてもいいです。
速暖タイプそれで、一人暮らしの部屋に帰ってきてもすぐに温かくなれます。
転倒時OFF機能も付いているため安泰にも優れています。
価格は5,000円です。

 

多様な生活シーンに対応しているメーカー「コイズミ」。
シンプルな吐出し、価格の安さが魅力。
部屋を短くあたためる技術も優れています。
商品の保証期間が2年あるため、1年使って翌年の冬に使おうと思ったら使えなかったという心配もありません。
コイズミから発売されているおすすめ商品は「カーボンヒーター KKH-0951」です。
最大900Wの強烈タイプ。
切り替え可能それで、部屋が暖まってから450Wとして保温することができます。
価格は8,000円です。

関連ページ

一人暮らしの暖房器具
ヒーターの比較、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
テクノス CH-305M
山善 DC-S096、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。