一人暮らしの暖房器具

一人暮らしの暖房器具

一人暮らしの暖房器具

 

独身向けの暖房器具に欲するものは、家族向けのものとは違います。
一人暮らしには、使い勝手、節約の両方が求められます。
暖房器具を選ぶには、部屋の大きさ、部屋の向き、住んでいる地域、建もの構造など様々な条件によって違ってきます。
ただし基本的に求めるものは同じです。

 

エアコン、ヒーターなどは、温かい空気を出して部屋の中を暖めます。
そのため窓や扉の開閉を行うと温かい空気が放出されてしまって、部屋の中は寒くなります。
ストーブなど遠赤外線の熱線で温めるものは、体の中に熱を通すため芯から暖まります。
ホットカーペット、こたつなど輻射熱によって温めるものは、経済的なので節約するにはお勧めです。

 

シチュエーションによってもお勧めの暖房器具は変わってきます。
朝起きてすぐ、あるいは外出して部屋に帰ってきたばかりのときは、部屋全体が冷え切っているためアッという間に温かく目指すものです。
そんなときは部屋全体の空気をアッという間に暖められる、エアコン、ヒーターがお勧めです。
部屋が暖まってきたら、ホットカーペット、こたつなどに乗りかえると節約できてお勧めです。
一人暮らしの部屋にこたつは場所を取りすぎるため置けないという人は、小型の遠赤外線ヒーターを足元へ据え置くことをお勧めします。

 

一人暮らしの場合は、単に複数の暖房器具を一気に使わないで、ヒーターなどで最初に暖めてから、輻射熱タイプの暖房器具に入れかえるなどして補完すると節約につながっていいと思います。

 

 

ヒーターの選び方

一人暮らしの暖房器具

 

一人暮らしのスポット暖房にオススメなのが「遠赤外線ヒーター」です。
遠赤外線ヒーターには、タワー型のもの、パネル式のものなどがあります。
遠赤外線ヒーターは、価格も数千円で買えるものから、高額なものは5万円くらいと大きいため、バリエーションも広くていいと思います。

 

エコを重視するなら、オススメなのはカーボンヒーターです。
カーボンヒーターは、ハロゲンヒーターについて遠赤外線効果が2倍近くもあります。
消費電力を見てみると、カーボンヒーターはハロゲンヒーターの約半分しかありません。
春や秋など、ちょい寒くなりかけのころにオススメの節約商品です。

 

カーボンヒーターの長所と短所。
<長所>
・立ち上がりが早くて電気ストーブとしては優しいほう。
・燃料の入れ替えなどの手間がない。
・寿命が長い。

 

<短所>
・部屋全体をあたためるには不向き。
・温める力が強くて、机の下など場所によっては暖まりすぎてしまうことがある。

 

カーボンヒーター以外にファンヒーターもあります。
ファンヒーターは大きく分けて3種類あります。
・「セラミックファンヒーター」…電気のみ使用。
・「石油ファンヒーター」…石油と電気を使用。
・「ガスファンヒーター」…ガスと電気を使用。

 

ファンヒーターの長所と短所。
<長所>
・石油ファンヒーター、ガスファンヒーターならば部屋全体が暖められる。
・セラミックファンヒーターならば換気頻度が低くて済む。
・セラミックファンヒーターならば小型なので持ち運びも楽で、使用場所もめったに選ばない。
・石油ファンヒーターは、電気だけではなく石油の力も扱うためランニングコストは低め。

 

<短所>
・セラミックファンヒーターを長時間使用すると電気代が高くなる。
・石油ファンヒーターの場合、給油する手間がある。
・ファンヒーターは電源のオンとオフ時に特有の臭いがする。
・空気が乾燥すること。
・風を示すため、室内のハウスダストを飛散して仕舞う。

 

このような点から考えて、一人暮らしには、遠赤外線ヒーターが最も手軽なのでオススメだと思います。
但し寒い地域など、必ず暖かさを重視する場合には、ファンヒーターの方が温かいのでオススメだと思います。

 

 

ヒーターの比較

一人暮らしの暖房器具

 

エアコン、ガスファンヒーター、石油ファンヒーター、セラミックファンヒーターなどの暖房器具、一人暮らしにお勧めなのはどれになるのか様々な点について比較してみました。
単身、これからしようと思っている人、それぞれの住環境によって最もいいというものをお勧めを通して選んでください。

 

<ランニングコスト面>
電気代、ガス代、灯油代など変動するものそれで一概には言えませんが、およその金額で比較をしたランニングコストを紹介します。
ひときわランニングコストがいいのは、「エアコン」で、1時間約17円(部屋の広さにもよる)。
次にいいのは「ガスファンヒーター」で、1時間約20円。
3番目にいいのは「セラミックファンヒーター」で、1時間約25円。
そうして4番目が「石油ファンヒーター」で、1時間約27円。
石油ファンヒーターは灯油台も含めています。
一人暮らしでは、灯油を買いに行く手間、給油する手間を考えると、めったに石油ファンヒーターは向かないかもしれません。
ただ石油ファンヒーターの本体自体は安っぽいので、買い求め易く利用する人も多いようです。

 

<暖かさ、パワー面>
特に温かいのは「ガスファンヒーター」です。
次目にいいのは「石油ファンヒーター」です。
暖かさで言えばいよいよこの2つが最も温かいです。
立ち上がりが速いことを加味して、ガスファンヒーターが一番になっています。
3番目にいいのは「エアコン」です。
4番目は「セラミックファンヒーター」で、ワンルームからにはばこのパワーでも大丈夫だと思います。
一人暮らしもワンルームではなく、再び部屋が大きくたくさんある人にはパワーが足らないと思います。

 

<対応面積>
一際幅広いのは「石油ファンヒーター」で、木造なら15畳、コンクリートで20畳くらいまであたためることができます。
次目は「ガスファンヒーター」で、石油ファンヒーターと大差はありません。
3番目は「エアコン」で、少ないエアコンも木造なら6畳、コンクリートで8畳まであたためることができます。
高機能機種になると20畳くらいまで対応できます。
4番目が「セラミックファンヒーター」で、単独で使った場合、木造なら4.5畳、コンクリートで6畳程度となっています。