あなたはどのタイプ?A.石油ファンヒーター@

あなたはどのタイプ?A.石油ファンヒーター@

あなたはどのタイプ?A.石油ファンヒーター@

 

では、すぐさまあなたが捜し求めるファンヒーターを絞り込んでいきましょう。
石油ファンヒーター・セラミックファンヒーター・ガスファンヒーター、アナタに合うのはどれでしょうか?
【石油ファンヒーター】
●特徴・利点●
灯油を通じてあたためる暖房器具ですが、簡単に言うと灯油を気化させる事で発生する気化ガスをファンでバーナーに吹き込んで赴き燃焼させて出向く事で部屋を暖めていただける。
室内を温めていただける効率がまったく良い暖房器具といえるでしょう。
ですので、室内全体を暖めたいとしている方は、石油ファンヒーターかガスファンヒーターがおススメになります。
そうして、石油ファンヒーターの一番嬉しい特徴は、コスト面。
エアコンやガスヒーターに比べると安く使って行く事ができます。
結果、ランニングコストは安く、経済的に頑張るという利点があります。
因みに、このランニングコストを順位付けするのであれば、おんなじ熱量で練り上げるた場合には、石油、都市ガス、LPガス、電気という順になります。
メリットもあれば、デメリットもあります。
それは、空気環境。部屋の中で灯油を減らすことになるので、二酸化酸素や一酸化炭素の濃度が上がる為に、定期的に外の空気を取り入れて換気を行う必要があるという事です。
また、灯油を保有している事で火災の可能性が激しく、他にも灯油の不完全燃焼が万が一にも発生した場合には、一酸化炭素が原因による中毒が起こる可能性も高くなります。
ニュースも、冬場になるとファンヒーターによる火災が原因となる事故を耳にするかと思います。
石油ファンヒーターだけに止まる事ではないですが、断然石油系はそういった可能性をはらんでいる事を理解し、就寝時・外出時など、しっかりとした管理が必要になります。

 

 

2016年版 石油ファンヒーターおススメ機種B

あなたはどのタイプ?A.石油ファンヒーター@

 

【12畳以上の大きい部屋で使いたい場合におススメ】
機種名:『コロナWZ バイオレット FH-WZ4616BY-V』『コロナWZ エレガントホワイト FH-WZ4616BY-W』
広さ:木造12畳・洋室17畳
サイズ: 高さ466×幅520×奥行338mm
暖房出力 : 4.62〜0.90kW
消費電力:弱燃焼時13W(強燃焼時24W)
エコ性能:20℃エコセーブ運転
消臭対策:消臭シャッター +ニオイカットメカ
静音: 弱燃焼時23dB・強燃焼時38dB
タンク:7.2リットル
保証期間:3年間
こちらは、2015年に発売されている、同機種のモデル『コロナWZ エレガントブラウン FH-WZ4615BY-T』『コロナWZ エレガントホワイト FH-WZ4615BY-W』も、性能は同じですので価格で選んでみては如何でしょうか。
12畳というと、リビングで取り扱う方が多いかと思います。
そうした場合、多人数での空間利用という事が前提になりますね。
こういった使い方の場合は、人感センサーだけだと光熱費の節約には効果が期待できません。
なので、こちらのコロナのWZシリーズの機種には人感センサーに加えて、温風が均一に一定に広がってもらえるという、”トリプルフロー”という送風機能がついています。

この機能によって、室内全体に優しい風を均一に送ってくれるため節約効果にも期待ができます。
大容量ということと、エコ性能が充実していることで価格は高いのですが、節約できる光熱費も他のものと比べると多いですので、大きな部屋で扱う場合にはぜひ候補として考えて見て下さい。

 

 

あなたはどのタイプ?A.石油ファンヒーターB

あなたはどのタイプ?A.石油ファンヒーター@

 

●油圧送霧化式とは●
『ポンプ圧送霧化』や『ポンプ噴霧式』と呼んでいる場合もあります。
また、簡単に『気化式』と呼んでいる場合も中にはありますが、JISの分類上では、”プレゼン気化式”も気化式の仲間であるので、厳密に言うのであれば、この呼び名は避けたようが区別しやすいといえるでしょう。
この油圧送霧化式は、気化筒と呼ばれるところに、熱せられた空気と灯油がそれぞれにファンとポンプで送り込まれる事により、気化混合したガスを上部に設置されているバーナーで燃焼してあたためる方式になります。
これは、空気の量と灯油の量のバランスを保つ必要があるため、高度な制御が用いられています。
この油圧送霧化式の利点は、消費電力が少ないという事です。
ただ、この気化筒と呼ばれる場所が温かくならないと着火打ち切るので、部屋が暖まるまでに多少時間が掛かって仕舞うというデメリットがあります。
ただ着火すれば、その後は筒自体の熱によって混合ガスを発生して行く仕組みなので、消費する電力が少ないという事が言えます。
この油圧送霧化式の主なメーカーは、【コロナ】です。
●ポット式とは●
ポット式の燃焼は、燃焼筒に直接灯油を流し入れて燃焼させる事で暖めて出向く方式で、業務用の煙突付き大型ストーブでは一般的な方式です。
マットの敷かれた蒸発皿に油を垂らして、ヒーターで直接加熱と点火を行います。
着火までに多少時間が掛かります。
この3つの方式の中で何より単純な構造なので、変質した灯油や品質の悪い灯油も取り扱う事が出来るという特徴がある反面、そうした灯油も助かるという事で、石油の匂いが多く起こるという欠点があります。
ですので、ほとんどの製品が昨年使用していた灯油が残っていた場合(使わないに越したことはありませんが・・・)、使用を禁止している製品ばっかりの中、このポット式ではそれほど封じる事はありません。
ですので、灯油の品質によるようなトラブルは発生しにくいという事が言えます。

このポット式を扱っている主なメーカーは、【トヨトミ】です。
以上がそれぞれの方式による特徴ですが、メーカーによっては、独自の開発・工夫によってデメリットを解消している場合もあります。

関連ページ

あなたの暮らしに合ったファンヒーターはどれ?THE・絞り込み!@
あなたはどのタイプ?C.ガスファンヒーターC、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
2016年版 石油ファンヒーターおススメ機種@
2016年版 石油ファンヒーターおススメ機種A、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。