ニチレイバイオサイエンス

ニチレイバイオサイエンス

ニチレイバイオサイエンス
バイオを通して健康と美への貢献を果たしている「ニチレイバイオサイエンス」です。

 

事業分野はセルバイオロジーともう一つ機能性材料となっています。

 

高品質の製品とサービスを提供して医療面や美容面、健康面やバイオ産業が発展するように貢献していきます。

 

 

ニチレイバイオサイエンスの事業内容は、「免疫組織染色製品」や「培土製品」「EIA、キット製品」や「アセロラなど機能性材料」となっています。

 

免疫組織染色製品では、バイオサイエンスの分野にニチレイが参入したときから培ったモノクロナール抗体の作製技術や抗体関連の技術としています。

 

患者さんから組織を採取して、試薬を用い特定のもの質だけを染色させます。

 

これは病気を診断して治療方針を決めるために使われます。

 

病院の検査室や臨床検査センター、大学の研究室などで使われます。

 

 

ニチレイバイオサイエンスでは始終動もの細胞用培土に関して動もの血清や培土製品の販売を通してきました。

 

医薬品製造会社や大学の研究室について販売を続けてきたのです。

 

そうして特定の病気に罹患している人を診たり、ケアの効果を確認したりするために生きる試薬も販売しています。

 

新製品の開発や導入にも力を注ぎ、臨床的意義の確率にもチャレンジしています。

 

 

ニチレイの食品部門の立ち向かうアセロラの未利用部分から機能性材料の開発を通しています。

 

化粧品の原料として機能性材料を利用したり、サプリの原料として開発を行ったり、材料独自の性能を存分に利用しています。

 

出来上がった製品は主に化粧品製造会社へ販売されます。

 

 

 

ニチレイプロサーヴ

ニチレイグループの企業が円滑に事業を試せるようにインフラをサポートしているのが「ニチレイプロサーヴ」です。

 

人事や総務、経理や財務、法務や保険やリース、シェアードサービスを行うために設立された会社です。

 

プロの技術やノウハウ、専門知識において提供される高品質なサービスを提供しています。

 

またこのようなサービスをリーズナブルな価格で消費者に提供して行くことを目的としています。

 

 

ニチレイプロサーヴでは、広報誌にエコロジー材料の用紙によっています。

 

エコロジー材料の間伐材を使うことによって、森林保護へ貢献しています。

 

また東京グリーンシップアクションにも参加しています。

 

これは都内において保全地域で自然保護活動をするものです。

 

ニチレイプロサーヴではこの活動に2007年から参加しています。

 

自然保護活動を通じて、参加者全員で気持ちよさを体感して環境活動への意識を共々高めています。

 

 

他にもニチレイプロサーヴでは、昼休みにオフィスの電気を消灯したり、天井の窓ガラスに遮光フィルムをつけたり、生ごみを処理機で肥料として再利用したり、OA用紙の使用量を切り落としたりして環境へ配慮しています。

 

遮光フィルムを付けることで、窓の表面温度を40℃から34℃まで引き下げることができたそうです。

 

「風土レポート」をみんなでよむ会も開催しています。

 

ニチレイ社内においては、エコロジー委員会を設置して冷暖房機を最新のものに入れかえして、集中的に冷暖房の停止を試験的に立ち向かうなどの取り組みも行っています。

 

 

 

環境活動

ニチレイバイオサイエンス
ニチレイグループでは環境のために様々な活動を通じています。

 

ひとつ目はごみの削減とリサイクルの推進です。

 

ニチレイの各社から排出されたごみの中で処分場に埋め立てられてしまうごみとエネルギーとして扱うことができずに焼却向かうごみを「ゼロ」に決めるという取り組みを通じています。

 

この目標達成のために、社ごとで課題を決めてニチレイグループ全体としてごみの削減、リサイクルへの取り組みを通じています。

 

 

2つ目は二酸化炭素の削減です。

 

ニチレイの食品工場では加熱調理をする際に扱う燃料や商品を冷凍加工するときに扱う電力利用の際に二酸化炭素を排出します。

 

ニチレイグループにおいては、1999年から収穫あたりの二酸化炭素排出量を削減しようと取り組みを通じています。

 

空調施設には電気やフロンを使わないものを取り入れています。

 

またもの流センターも、食品のQCのため電力消費を必要とします。

 

このとき排出される二酸化炭素量も削減に努めています。

 

別にエネルギーの使用量が高いため省エネルギー活動が重要になってきます。

 

 

3つ目は環境に配慮した商品の提供とサービスの提供を通じています。

 

ニチレイグループにおいては、容器の無駄をなくし薬剤を使わない食材の調達や開発を行ない環境へ負荷がかからないようにしています。

 

環境に大きな影響を与える化学もの質についても適切な処理を通じて環境への影響を抑えています。

 

 

4つ目はオフィスでの環境活動です。

 

ニチレイのオフィスでは社員のクールビズを励行したり、消灯を励行したりして省エネルギー活動を通じています。

 

オフィス内のごみもきちんと分別することで、ごみの量を減らしてリサイクルに取り組んでいます。

 

他にも「マイはし」運動を行い、社員一人ずつが環境活動に参加出来る機会を設けています。

 

 

 

社会貢献活動

ニチレイでは社会貢献活動にも力を注いでいます。

 

ニチレイではグループ全体で社会貢献活動を通じています。

 

企業市民として社会から信頼される企業であるために、材料を見極めておいしさと健康を渡し、安全で効率的なもの流を通して社会貢献しています。

 

事業活動以外にも、食やもの流に関しての教育や地域貢献、環境保護、スポーツ支援や災害支援など積極的に取り組んでいます。

 

 

ニチレイグループでは、「食」のすばらしさや楽しさを伝えるために、各種体験会を開催しています。

 

食に関してのワークショップをし、食に関しての情報を発信しています。

 

「笑顔のあふれる食卓」を目標として食育活動を通じています。

 

「食」の有効活用も行っています。

 

「食」に携わっている企業として、「食」による救援活動を国内外で行っています。

 

その一種がフードバンクへの寄付です。

 

食糧を必要としている人、あるいは団体に対して無償で食糧を提供しているボランティア活動を通しているのです。

 

ニチレイフーズにおいては、輸入の際に外箱が変形してしまった商品で品質に問題のないものを廃棄しないでフードバンクへ無償提供しています。

 

そうしてその渡した食糧もニチレイロジグループが協力して低温輸送で食糧提供施設まで届けているのです。

 

 

スポーツ支援では、プロゴルフトーナメント「ニチレイレディース」を開催しています。

 

緑豊かな環境で家族や友達と楽しむことができるゴルフを応援しています。

 

また日本スケート連盟ではオフィシャルパートナーとして協力しています。

 

リンク経営やスケート場経営を通じてスケートの普及に携わってきました。

 

そうしてさらなるスケート界の発展を応援しようと2006年からオフィシャルパートナーを通しているのです。

 

日本水泳連盟の活動にもニチレイは参加しています。

 

日本だけでも水泳の愛好者は3000万人以上いるそうです。

 

ニチレイでは泳力検定制度の応援、大会での飲料提供などを行っています。

関連ページ

ニチレイとは
ニチレイバイオサイエンス、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。