水不足対策に節水商品その1

水不足対策に節水商品その1

水不足対策に節水商品その1
水不足が心配されるようになってから、各種節水商品が発売されています。

 

自分で普段から節水に気をつければよいのでしょうが、どうも賢く節水が出来ない方はこのようなグッズに頼ることも良いでしょう。

 

水不足を回避するためにも、当社一人一人が水の使い方に気をつけなければなりません。

 

洗濯機などは節水出来る新商品がありますので、買い換える予定のある方は、そういった節水可能な洗濯機を購入すると良いかもしれません。

 

 

では、たくさんの水を使用するお風呂で取り扱う節水商品ですが、どんなものがあるでしょうか?
みなさん、ご存知のお風呂の残り湯を汲み上げるポンプです。

 

ショップですと1000円程度で購入することが出来ますので、ぜひ、使ってみて下さい。

 

残り湯をお洗濯や庭の水まきに使いたいけれど、バケツで水を汲むことは大いに重労働です。

 

このポンプさえあれば、ラクラクお風呂の残り湯を再利用できます。

 

残り湯をお洗濯で扱うことに、抵抗を感じている方もいらっしゃるでしょう。

 

ですが、ある程度、温度も良いので水よりは終始汚れが落ち易いので、便利でしょう。

 

すすぎさえ、きれいな水で行えば、残り湯でのお洗濯はあんまり気にならないと思います。

 

 

また、お洗濯用セラミック入りのプラスチックボールを使えば、洗剤の量を燃やすことが出来ます。

 

洗濯ものと共にこのボールを加えるだけです。

 

ボールにあるセラミックの働きにより、数少ない洗剤で洗濯ものを洗えることのほか、汚れの少ないものでしたら、セラミックボールだけでオッケー、洗剤無しでも洗濯できちゃいます。

 

 

 

水不足対策に節水商品その2

洗剤が少なければ、すすぎの水も少なくて済みますから、水不足対策には、とっても良いアイディア商品ですよね。

 

 

また、お風呂が自動でたまらないお宅は、水を吐出しすぎたとか、お湯を醸し出しすぎたとか、あふれさせてしまった経験もあるかと思います。

 

自動でお風呂がためられない場合は、お風呂ブザーを使うと、そういった失敗もなく、適量をためられますので節水になります。

 

ブザーを設定しておけば安心ですし、また、水量を設定して、自動的に止めてもらえるものもあります。

 

水不足対策には、いよいよ家の中で一番、水を使う、お風呂場での節水が大切です。

 

 

そうしたら、節水タイプのシャワーヘッドも発売されていて、水不足対策になるでしょう。

 

シャワーに用立てるだけで、安い水も、勢いよくシャワーが出ます。

 

手元のボタンで水を止まるので、これでまめに水を外しながらシャワーをすることで節水になります。

 

シャワー全部を引換えると費用も大変でしょうが、ヘッドだけなら簡単ですしほとんど費用もかかりませんよね。

 

シャワーが大スキなお宅は、こんな節水シャワーヘッドで水不足に備えはいかがでしょうか。

 

 

では、キッチンでは、どういう節水商品があるでしょうか?
節水コマは、キッチンだけでなく家中の水道に組み合わせることができます。

 

蛇口に並べるだけで、誠に最大で50パーセントも、水の量を調整可能です。

 

会社や学校など組織で使っているところもあるようです。

 

このような団体で節水に挑めばかなりの水不足対策になるでしょうね。

 

 

 

水不足対策に節水商品その3

水不足対策に節水商品その1
だが、それでは家庭からですよね。

 

当社ひとりひとりが、そして各家庭が水不足を真剣に考え、節水を実行することで、大きな水不足対策になるのです。

 

限りある水を大切する心を子供たちにも教えて行きたいですね。

 

 

そうしたら、トイレでの毎日、かなりの水を使いますよね。

 

そこでトイレのための節水商品があります。

 

節水リングは、トイレタンク内に整えるだけで、最大で40パーセントも節水可能なのです。

 

節水リングを使わなくても、水を入れた大き目のペットボトルをタンクに添えるだけでも、節水可能です。

 

これは、誰でも知っている節水方法なので、実践している方も多いでしょうね。

 

トイレは毎日、何回も使いますので、その分、水不足対策になるでしょう。

 

 

また、庭の水遣りには、ホースの先に手元制御弁を塗ると、手元で水を止まるようになります。

 

「とっくに水を止めたい」として、元栓まで移動する間、水は流行りっぱなしですよね。

 

これを毎日やっていたら、かなりの水を無駄にしていることになります。

 

手元で終わりられればとても便利ですし、水不足対策にはいい商品ですね。

 

庭の水遣りには、きれいな水でなくても良いのですから、雨水も最大に利用したいものです。

 

雨水利用を利用するための節水商品は、雨水タンクなどです。

 

雨どいの先に取り付けて雨をためておけます。

 

大き目のバケツなどで、雨水再利用器を自作している人も多いようですね。

 

雨が沢山落ちてくる部分に容器を置いておくだけでも大丈夫です。

 

このように自然の雨水も大事に使って水不足対策をしたいですね。

 

 

 

水不足と断水に備えようその1

みなさんは、断水になったときの場合に何か備えていますか?
水不足が心配されている現在、水不足が進み、いつ、断水が決行されても物珍しいことではありません。

 

断水経験がある方はおわかりでしょうが、断水は大変ですよね。

 

私も、以前、半日の断水を経験したことがありますが、なめてかかっていたら、食事の支度も出来ず、トイレにも入れず、とっても困ったことがあります。

 

 

断水になれば、生活の各種場面で必ずと言っていいほど不自由を感じるでしょう。

 

あまり、私たちの生活は水に頼っているということです。

 

起床してから眠るまで、どれくらいの量の水を使うことか。

 

朝起きて、顔を洗うのも水、トイレに入って押し出すのも水、朝食も水が必要ですね。

 

シャワーも、洗髪も、各種場面で水が必要です。

 

 

断水になってみて、やっと水の大切さが身にしみるでしょう。

 

水は、われわれが生きていく上で、はずす事のできない大切なものですよね。

 

ですから、いつ断水になったとしても、いつ災害で水道が使えなくなったとしても、あわてないように、適切ように、普段から水の備えもしっかりとしておきたいものです。

 

 

では、どんなものを用意したらよいのでしょうか?
また、どういう水を常備したらよいのでしょうか?
では、水です。

 

これは、通常、消費期限が2年から3年です。

 

期限切れになる前に使って、買い換えることを忘れないようにください。

 

また、災害用長期保存水というものも売られていますから、それも用意しましょう。

 

 

 

水不足と断水に備えようその2

水不足対策に節水商品その1
こちらは消費期限が長くて5年から6年も持ちます。

 

そうして、水道水もためておきます。

 

ペットボトルなどに水道水を入れ、きっちりとキャップを閉めておきます。

 

この消費期限は割と手っ取り早いですので、2か月くらいで入れ替えておきましょう。

 

もっと、家庭にも貯水タンクがあると安心ですね。

 

 

ドリンクはこのように備えておけば、数日は大丈夫でしょう。

 

そうして、ドリンクのほかにも生活水が必要です。

 

生活用水は口に入れる以外、必ず各種シーンで使われます。

 

トイレだったり、洗いものだったり、手を洗ったり、顔を洗ったり、こちらのほうがいくらでも取り扱うでしょうね。

 

 

水不足になると、そういった生活用水が一番困るのではないでしょうか?
たとえば、トイレは絶対にみんなが取り扱うものだから、水不足になると、トイレの水が最も弱ると思います。

 

お風呂も洗髪も我慢できるでしょうが、トイレは我慢することは出来ません。

 

因みに水洗トイレ、1回あたり水の使用量は、どれくらいだか、みなさんは知っていますか?
およそ10リットルと言われています。

 

10リットルとは・・・、私たちは知らず知らずに、たくさんの水を通じているのですね。

 

二回、三回、洗い流す方もいらっしゃるでしょうから、自分がどんなにトイレの水を無駄遣いしているかわかると思います。

 

 

このようなトイレの水などの生活用水は、水を買って取り扱うことはさすがに出来ないですよね。

 

そうして、呑む事ができない水質のものけれども、生活用水としては使えるわけです。

 

 

 

水不足と断水に備えようその3

たとえば、沼の水も川の水もトイレには払えるわけです。

 

お風呂にある程度水をためておけば、もしも、断水になっても残り湯でトイレを押し出すことが出来ますね。

 

 

水不足状況下では、雨水も大切な資源です。

 

雨水を貯めるタンクもののものも市販されています。

 

また、自分でそれようの容器を買って、雨水タンクを作っても良いですね。

 

自分で工夫して雨水をずっと貯めておけば、仮にものたまに安心ですね。

 

 

さて、井戸があるお宅は水が確保できますから、それはかなりラッキーですよね。

 

断水も水不足も、井戸水はまるっきり関係ありませんからね。

 

田舎にいくと依然として井戸があるところも珍しくありません。

 

 

昔からの家で、井戸があるおうちも真にあるでしょう。

 

また、家にはなくても近所に井戸があれば、生活用水はそこまで水を汲みに行けば良いわけですから、まだまだ安心ですね。

 

 

再度、最近では、誠に家庭で井戸を掘ってしまおうという案もあるのです。

 

水不足を懸念して、個人で井戸を掘っている人も真にいるとか。

 

自力で出来るわけないと思いがちですが、本当はインターネットでは、井戸掘りのハウツーサイトもあり、みなさん自分でがんばって井戸を作っているようです。

 

お庭がある方は井戸を組み立てるということも、選択肢に入れてみるのも楽しいかもしれませんね。

 

井戸があれば水不足も怖くありませんからね。

 

 

さて、ご紹介してきましたおうちで出来る断水対策、出来る範囲で実行してみてほしいと思います。

 

水不足に備えて、水を蓄えておけばあわてずにすみます。

 

備えあれば憂い無し!
家族で協力して備えておきましょう。

関連ページ

輸入と水不足
水不足対策に節水商品その1、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
地球温暖化と水不足その1
水不足対策に節水商品その1、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
家庭での水不足対策その1
水不足対策に節水商品その1、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。