家庭での水不足対策その1

家庭での水不足対策その1

家庭での水不足対策その1
水不足が懸念されている現在、人が出来ることは、一人一人が水を大切にする意識を持つことで、いまやそんなふうにしなければならないときが来ています。

 

みなさんも、水は大切に使わなければならないこと、頭ではわかっているでしょうね。

 

ですが、結構節水が出来ていない現状だと思います。

 

一人一人が一日に取り扱う水の量、これはかなり多いですから、みんなが気をつければ大きな節水となるわけです。

 

 

では、水不足対策として、家庭でひとりひとりが如何なることをすれば、節水として水資源を大切にできるのでしょうか。

 

家庭で出来る節水方法をご紹介したいと思います。

 

実践できるものは、今日から取り入れてみてくださいね。

 

 

さて、家の中で水を大量に取り扱う場所、それはお風呂場です。

 

お風呂にお湯をためて入浴するだけで、たくさんの水を使うのは当然ですが、家中がシャワーするだけでも、かなりの量が使われていますよね。

 

お風呂の次は、キッチンでの炊事や、お洗濯などでしょう。

 

このように家の中で、場所によって、いかなる節水にトライしたらよいのか実践方法をご紹介します。

 

普段から意識して積極的に打ち込むと、チリも積もればで、一年を通してまったく大きい効果が期待出来るでしょう。

 

 

まるで、お風呂ではいかなることに気をつけたらよいでしょうか?
シャワーは毎日、数回、みなさんは使っていると思います。

 

朝、シャワーを通じている方も多いでしょうし、帰宅したらシャワー、またはお風呂、当然、誰でもしますよね。

 

 

 

家庭での水不足対策その2

家中がシャワーをスキなだけ使っていたら、かなりの水使用量になってしまいます。

 

ここでは水不足対策として、シャワーをまめに押さえ付けることです。

 

シャワーは誠に、1分間で12リットルの水が出るそうですから、思っていたより常に大量の水によっていることになりますね。

 

シャワーヘッドで、手元スイッチがあり、まめに水を凍る商品も発売されていますので、それを利用しても良いでしょう。

 

また、安い水流で手強いシャワーが出るようなヘッドも売られていますので、そういった節水グッズを使うこともお勧めです。

 

グッズを通じて水不足対策をすることも手っ取り早いです。

 

 

お湯をはって、入浴する方は、出来るだけそのお湯を再利用望むものです。

 

沸かしなおしが出来るお風呂でしたら、翌日も使ってはいかがでしょうか。

 

また、残り湯は、ポンプでくみ出してお洗濯に使っても良いでしょう。

 

バケツでくみ出して、庭の植木の水やりもよいでしょう。

 

そしたら、洗車にも使えますし、窓ガラスの掃除など、何かを洗うために残り湯は十分活用できますのでぜひ、再利用して下さい。

 

 

また、お湯につかる人は、湯量を適切な分に調整しましょう。

 

下半浴という方法もありますから、首までまるまるお湯につかる必要もなければ、扱う分だけお湯をためましょう。

 

また、お湯を沸かしすぎるとぬるくするために、また水を使用しますから、沸かし過ぎに注意です。

 

夏は低めの温度で入浴ください。

 

 

 

家庭での水不足対策その3

家庭での水不足対策その1
また、家族が出来るだけ一緒に、また、続いて入浴することも沸かしなおしのガス代、電気代の節約にもひっつき、増やし湯をしなければ節水にもなります。

 

酷いお子さんのいるご家庭は家族みんなで入ってはいかがでしょうか。

 

ずいぶん嬉しいものですよ。

 

面白くお風呂で水不足対策が出来ますね。

 

 

再び、シャワーが温かいお湯が出るまでの水、みなさんはどうしていますか?
この白々しい水は捨てていませんか?
これも、バケツなどにためておけば、お掃除などに利用できますよね。

 

また、最後にお風呂を出る時、シャワーを浴びると思いますが、その浴びたシャワーのお湯は割り方きれいなので、湯船の中で受けると浴槽のお湯が増えます。

 

夏には、入浴せずシャワーだけという人も多いと思いますが、そのシャワーの水も湯船にためれば再利用できます。

 

家中のシャワーの量を全部、湯船に入れておけば、各種用途で使えるほど溜まるでしょう。

 

これも、水不足対策となりますね。

 

 

次にお洗濯での節水方法です。

 

では、洗濯ものを回数に動機付けずにまとめ洗いをください。

 

洗濯機がいっぱいになるくらいの量までお洗濯を我慢することです。

 

やはり、無理は禁ものですよね。

 

すぐに洗わないとくさく患うものなどは、例外です。

 

洗剤は入れすぎるとすすぎに水をつぎ込みすぎますので注意しましょう。

 

洗剤の箱に書かれている量を守りましょう。

 

すすぎは自動で行うと、注水しながらすすぎますので、大量の水が使われてしまいます。

 

ためすすぎを使うようにしましょう。

 

ここまででも、日々、気をつけていれば水不足対策となるでしょう。

 

 

 

家庭での水不足対策その4

さて、ここから一層惜しくも、踏み込んでお洗濯の節水です。

 

靴下、下着、ハンカチなど、狭苦しいものは手洗いで可能よね。

 

洗濯機を回す回数が少なくなるので、お風呂に入ったときでも手洗いで済ませます。

 

お風呂場だけでも水不足対策がこれ程出来るのですね。

 

 

では、次は、キッチンでの節水です。

 

とりあえず、基本中の基本だが、水道の蛇口から勢いよく水を出す必要はありません。

 

野菜を洗うときもちょろちょろで相当洗えますよ。

 

また、食器はためあらいをください。

 

洗剤を使いすぎると、すすぎの水が沢山必要になってしまいますので、適量で使いましょう。

 

洗い流しづらい油汚れなどは、最初に、紙などでふきとっておきましょう。

 

そうしたら、お料理をたくさん出しすぎないようにください。

 

その分、水を使いますし、汚す調理器具も大きくなりますから、洗うために水をたくさん使いますよね。

 

大きな鍋に仕立てるのではなく、食べる分だけ狭苦しい鍋で作りましょう。

 

お茶やコーヒーなども、呑む分だけ入れましょう。

 

キッチンもこれだけ水不足対策をやることが出来ますが、一段と、お米のとぎ汁を植木に譲ることもお勧めです。

 

無駄に捨て去るだけでは、栄養も含まれていますのでもったいないです。

 

また、とぎ汁は食器洗いに使うと油がとれ易いです。

 

その上、陶器はつやが出ますので、お米のとぎ汁は水不足対策だけでなく、万能ですね。

 

 

そうしたら、水をよく扱う場所はトイレですね。

 

トイレも水不足対策を行いましょう。

 

とりあえず、顔を洗うときは、水を流しっぱなしにせず、洗面器や流し台にためて行います。

 

 

 

家庭での水不足対策その5

家庭での水不足対策その1
勿論、歯磨きも水を流さず、コップに水をためます。

 

水で便所を洗うと無駄遣いになるので、できればまめに雑巾で拭いてきれいにしておきたいものです。

 

また、顔を洗った水は案外汚れていないので、そのまま掃除にも使ったり、靴下などの下洗いにも使ったり出来ます。

 

 

そうしたら、トイレでの節水対策です。

 

大小のレバーを使い分け、小のときは小で流しましょう。

 

扱う水の量が違います。

 

タンクの中にペットボトルなどを来れると、一回に貯まる量が減らせます。

 

一層、節水しよ方は、お風呂の残り湯でトイレを流します。

 

数回分、まとめて押し流すという節約方法もあるようですが不衛生になりますね。

 

 

そうしておうちの中まずは水不足対策としてできることが沢山ありましたが、外もまだあるのです。

 

たとえば、植木やお花に水を授けるときは、ホースで見せるのはだめです。

 

バケツを使ったり、ジョーロを使ったりすると良いでしょう。

 

洗車もバケツやジョーロを使うようにすると、ホースで引っ張るより、思う存分取り扱う水の量が薄く済みます。

 

また、雨水をためておいて、植木に上げると水道が無料でオッケーですよ。

 

雨どいから流れて生じる雨水をタンクなどにためておくと、水まきに使えます。

 

自然の恵みも最大限に活用して水不足対策に勤しみましょう。

 

 

このように家のなか、外も何かと気をつけていれば、かなりの水を節約できますから、水不足対策になる一方、家計のシェイプアップにもなります。

 

苦痛に考えるからには断ち切るほうが良いですが、家族みんなでゲームのように面白く節水できるといいですね。

関連ページ

輸入と水不足
家庭での水不足対策その1、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
地球温暖化と水不足その1
家庭での水不足対策その1、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
水不足対策に節水商品その1
家庭での水不足対策その1、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。
飲料水を確保するにはその1
家庭での水不足対策その1、美容健康から暮らしの情報など生活に密着情報を集めています。